FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吃音作品


こんばんわ!

今日は吃音をテーマにした作品で自分が今まで観たものを紹介します。


映画「英国王のスピーチ」

全国でロードショーされて有名な作品です。
内容はイギリスの国王が吃音だったのですが、必至にリハビリをして治すというストーリーです。

イギリスでは吃音についての認知度が日本よりも高いらしいです。おそらく、この国王のような吃音の有名人がいたので、
国民もある程度吃音を知っているのだと思います。


ちなみに、日本では吃音者は障害者とは扱われていないのですが、海外だと障害者認定されている国が結構あるみたいです。
あまり詳しくは調べていないので、間違っていたらすみません。。。




小説・映画「青い鳥」

自分は映画のほうを観ました。
内容は吃音をもった中学校の先生が、いじめに対する問題について考えるというものです。
この作品では阿部寛が主演をしています。 阿部さんの演技は吃音そのもので、ここまで再現できるものなのかと驚きました。
印象的だったセリフは
「世間には色々な人がいるんだ。自分みたいにどもらないと話せない人がいるみたいに、フザけないとうまく話せない人もいるんだ。」

「人を嫌いになるのはいじめですか?それとも、人の好みだからいじめにはならないのですか?」

とかですかね・・・。
色々と考えさせられる話でした。



ちなみに自分もよく阿部寛に似ていると言われます。
顔のホリが深いのと眉毛が濃いので、よく似てると言われます(笑)





漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

主人公は高校生になりたての志乃ちゃんという女の子です。
入学式の前日に自己紹介の練習を一生懸命するのですが、当日の自己紹介の時にどもってしまいクラス中から嘲笑されてしまいます。
落ち込んでいたところに、たまたま同じクラスの「かよちゃん」という女の子と出会います。
この「かよちゃん」がとても面倒見がいい子で志乃ちゃんと友達になって一緒にバンドをしようという話です。

文化祭で「しのかよ」というバンドを組んで出ようということになるのですが、もう一人男の子(名前わすれた)が出てきます。
その男の子はどこにでもいる普通の男子なのですが、自分のことになったら興奮してしまい、周りが見えなくなってしまう性格の持ち主です。
そのことが原因で志乃ちゃんと喧嘩になってしまうのですが、最後は仲良く卒業します。

そして志乃ちゃんは結婚して、子供ができて幸せになるという話です。



この漫画にも個性豊かなキャラクターが出てくるのですが、皆がそれぞれ「コンプレックス」をもっています。


「青い鳥」を観たあとにこの漫画を読むと
「世の中には色々な人がいるんだ。」というのがより深く感じました。




以上です。

是非、皆様も暇があればどうぞ、観てください。


それでは、さようなら!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TTY

Author:TTY
FC2ブログへようこそ!
吃音者による日常ブログです。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
1148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
563位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。